CASTキャスト

CHARACTER DIAGRAM

■ フランシス・アンダーウッド役

Kevin Spaceyケヴィン・スペイシー (吹替:石塚運昇)

1959年7日26日米ニュージャージー州生まれ。1980年代から演劇界で活動し、ニール・サイモンが演出した1991年のブロードウェイ劇「ロスト・イン・ヨーカーズ」でトニー賞の演劇助演男優賞に輝く。1986年の『心みだれて』で映画デビューしてからは映画界でも活動。『ワーキング・ガール』(88)『摩天楼を夢みて』(92)などの映画に出演し、多数のTVドラマにゲスト出演した後、デヴィッド・フィンチャー監督のもとで凶悪犯罪者を演じた『セブン』(95)で注目を集め、同年の『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー賞の助演男優賞を受賞。1999年の『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞の主演男優賞を受賞した。監督業にも進出し、『アルビノ・アリゲーター』(97)を監督し、2004年の『ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~』では主演・監督・脚本・製作の4役を務めた。プロデューサーとしても『ザ・プロデューサー』(95)『16歳の合衆国』(02)『ラスベガスをぶっつぶせ』(08)などを製作し(いずれも出演も)、『ソーシャル・ネットワーク』(10)『SAFE/セイフ』(12)『キャプテン・フィリップス』(13)などを製作総指揮。他の出演作は、『晩秋』(89)『白銀に燃えて』(93)『評決のとき』(96)『真夜中のサバナ』(97)『L.A.コンフィデンシャル』(97)『交渉人』(98)『ペイ・フォワード 可能の王国』(00)『私が愛したギャングスター』(00)『光の旅人 K-PAX』(01)『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』(03)『スーパーマン リターンズ』(06)『ブラザーサンタ』(07)『ヤギと男と男と壁と』(09)『ロビイストの陰謀』(10)『マージン・コール』(11)など。最新作は、出演した『モンスター上司』(11)の続編『Horrible Bosses 2(原題)』(14)。

ケヴィン・スペイシー 関連作品 石塚運昇 関連作品

■ クレア・アンダーウッド役

Robin Wrightロビン・ライト (吹替:深見梨加)

1966年4月8日米ダラス生まれ。14歳からパリや日本などでモデルとして活動し、1984~88年に昼ドラ(ソープオペラ)「サンタバーバラ」に出演してお茶の間の人気者に。映画界に進出し、『プリンセス・ブライド・ストーリー』(87)『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94)『クロッシング・ガード』(95)『シーズ・ソー・ラヴリー』(97)『アンブレイカブル』(00)『美しい人』(05)『消されたヘッドライン』(09)『マネーボール』(11)『ドラゴン・タトゥーの女』(11)『美しい絵の崩壊』(13)などに出演。最新作はフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作の1本、『A Most Wanted Man(原題)』(14)。1986~88年に俳優ディーン・ウィザースプーンと結婚した後、1996年に俳優ショーン・ペンと結婚して息子をもうけるが、2010年に離婚。2014年1月、俳優ベン・フォスターと婚約した。本作でエミー賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞TVの部でドラマシリーズ主演女優賞に輝いた。

ロビン・ライト 関連作品 深見梨加 関連作品

■ ダグラス・スタンパー役

Michael Kellyマイケル・ケリー (吹替:河本邦弘 )

1969年5月22日米フィラデルフィア生まれ。テレビドラマ『特捜チーム レベル9』(00) 『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』(06)『クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル』(11)などにレギュラー出演し注目を浴びる。
『ジェネレーション・キル 兵士たちのイラク戦争』(08)では主演を務めた。映画では『アジャストメント』(11)でマット・デイモンの親友役を好演した他、『アンブレイカブル』(00)『チェンジリング』(08)『フェア・ゲーム』(10)などに出演。最近では『マン・オブ・スティール』(13)『エベレスト3D』(15)などでの演技が記憶に新しい。

マイケル・ケリー 関連作品 河本邦弘 関連作品

STAFF

■ 製作総指揮・第1&2話監督

David Finchデヴィッド・フィンチャー

1962年8月28日米デンバー生まれのカリフォルニア州育ち。VFXスタジオのILMで働いた後に独立し、ナイキ、ペプシ、ソニーなどのCM、マドンナ、マイケル・ジャクソン、ザ・ローリング・ストーンズなどのミュージックビデオで売れっ子ディレクターに。1992年、大作『エイリアン3』で初めて映画を監督し、『セブン』(95)でハリウッドのヒットメーカーに仲間入りする。『ゲーム』(97)『ファイト・クラブ』(99)『パニック・ルーム』(02)『ゾディアック』(07)と順調にキャリアを重ね、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(08)でアカデミー賞の監督賞に初めてノミネート。続く『ソーシャル・ネットワーク』(10)でも同賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞映画の部や全米映画批評家協会賞で監督賞を受賞。『ドラゴン・タトゥーの女』(11)も大ヒットした。最新作はベン・アフレック主演でジリアン・フリンのベストセラー小説を映画化する『Gone Girl(原題)』(14)。

デヴィッド・フィンチャー 関連作品

■ 脚本

Beau Willimボー・ウィリモン

米セントルイス生まれ(生年月日不詳)。高校在学中、ジョン・ハム(後にTV「マッドメン」に出演)のもとで演劇を学び、1995年に高校を卒業。コロンビア大学とそのスクール・オブ・ジ・アーツに通うが、1998年にある上院議員の選挙キャンペーンに参加したのをきっかけにしてヒラリー・クリントンなどの政治家たちと働く。2004年の民主党大統領予備選でハワード・ディーン候補と働いたことを下敷きにしたオフ・ブロードウェイ劇「Farragut North」(クリス・パイン主演)で脚本を担当。この戯曲は『スーパー・チューズデー~正義を売った日~』(11)として映画化され、自身で脚色も担当したウィリモンはアカデミー賞の脚色賞にノミネートされた。

ボー・ウィリモン 関連作品

■ 製作総指揮

Eric Rothエリック・ロス

代表作 『フォレスト・ガンプ/一期一会』 『アポロ13』 『インサイダー』 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

エリック・ロス 関連作品

CHARACTER DIAGRAM

CHARACTER DIAGRAM